全くの別物です「ワックス」と「コーティング」

一般的にコーティングとは油性塗料を指しますがオプション会のように高粗利益を上げるような会社では
水性ワックスの事をコーティングと称する事もあります。
最近主流のワックス不要のフローリングですがメーカーが仰っている事はもっともです。
シートフローリングと言って木目柄のプリント紙が仕上げ材ですのでワックスの塗布は不要です。
ですが従来の突板フローリングとは違い表面が紙ですから水分の吸収が良く簡単に水跡や足汗跡が
付いてしまいます。
これが奥へ吸い込んでしまい後から取れ難くなってしまうんです。
また表面の仕上げ材が紙1枚分ですので保護して上げないと直ぐに地がでてしまいます。
これらを保護する観点から油性塗料を用いたフロアコーティングが必要なんです。
もう一度申しますとワックスは不要ですがコーティングは必要なんです。

シートフローリングのコーティングは失敗しやすいです

施工経歴の少ないショップでは失敗例が続発しています。
これは従来の突板フローリングと比べ特性が大きく異なる為です。
正直、同じ材料で仕上げるのは困難です。
例えば1液性のシリコンコーティングは配合を現地で替えられないので塗り方を工夫するしかありません。
これを普通に施工してしまうとムラの多い失敗例になってしまいます。
UVコーティングのように現地配合の場合では配合論を調整したりシートフローリング用の材料を使用します。
これを怠りますと失敗例のムラムラの仕上がりになります。
大きなモップ跡があるような仕上がりは失敗例です。
安価に誘われて契約すると漏れなく失敗施工が付いてきます。
良い施工で評判のショップは安価にしなくても売れるんですよ。
って後から気づくんですよね。

艶消しをすると懸念が増えます

人気のある艶消しコーティングですがいろんな懸念を含んでいます。
例えば光沢を無くすので折角の表面張力が無くなりますので汚れが付きやすくなります。
そして光沢を「ぼやかす」のに不純物(艶消し剤)を混ぜますので塗膜が割れたり剥がれたりする
懸念が大きくなります。
よってプロショップではお勧めしません。
艶消しに多いガラスコーティングですが木質フローリングの硬さには危険な硬さを示してますので
割れる懸念が多いです。
ましてや直貼りフローリングにはもっての外ですよ。
UVコーティングの硬さでも正直直貼りは厳しいです。
適材適所を守って施工する事をお勧めします。

トップページへ戻る